クリスマスの思い出話をいまさら

いつまで信じてくれるのかなー?

クリスマスが近づいてきて、子供達もいまかいまかと浮き足立っています。私も昔はクリスマスが楽しみでしたが、今ではプレゼントを用意する方なので財布との相談となります。

 

 

今年はボーナスがなかなか厳しい物だったので、正直クリスマスプレゼント代が痛いですが、子供達が楽しみにしている以上用意してあげなくてはいけませんよね。昔は子供達が欲しがるものも安くてよかったのですが、最近が欲しがるものが効果になってきてしまったので困りものです。

 

 

 

上の子はゲーム、下の子はアンパンマンのクレーンゲームと両方合わせると軽く1万円は越えます・・・小さい時はこちらがプレゼントを選んでいたのですが、今は完全に子供が指定してきます。下の子はまだサンタクロースを信じているので、手紙を書こうか迷っているみたいですが、上の子はかなり怪しくなってきました。

 

 

 

上の子は小学三年生なのですが、最近サンタクロースは親じゃないかと疑う様になりました。

 

 

まあ、これくらいになればさすがに信じなくなってもおかしくはないのですが、親としてはちょっと寂しいですね。私もこれくらいの時期にサンタクロースはいないと知っていました。それからはクリスマスのプレゼントを親に頼む様になり、自分の欲しい物がそのまま手に入るようになったので大して気にもしませんでしたが、親からしたらやはり寂しかったのでしょうか?

 

 

 

小学校でも同級生からサンタクロースがいないようなことを聞いてきたみたいなのですが、こちららから信じていないところにはサンタは来ないと言ったら無理矢理信じ込ませるようにしちゃいました。

 

 

 

まあ、それでも発言の所々にサンタを信じていないようなことがあるので、来年には間違いなく上の子はサンタクロースは親だと気が付くでしょう。

 

 

 

成長したと喜んでみたいところですが、サンタを演じていた自分からするとなんか物足りなくなってしまいますね。

 

 

 

今まで職場の後輩などにサンタクロースの格好をして直接渡してもらうなどしてきましたが、今では間違いなく子供はサンタが後輩だと分かってしまうのでもう通用しません。サンタを演じれる最後のクリスマスになりそうです・・・